日商簿記1級の合格への道|独学で効率よく学ぶ

学習とその方法

勉強

学習とその工夫

企業に就職する際、資格を所有していることは有利に働くケースが多い。そのような資格の1つとしてあるのが、日商簿記1級である。日商簿記1級は特に企業の総務部門や会計部門に所属する場合には、特に有効な資格となっており、これらの部門への就職を希望している際には取得が良い。日商簿記1級は、4級からある日商簿記の資格のうち、最上位の資格となる。また、公認会計士や税理士を目指す場合にも、この資格を取得しておくと良い。日商簿記1級の取得を目指す場合には、大学の講義や専門学校での学習の他、自宅での独学がある。特に、できるだけ費用を掛けずに学習したいようなケースにおいては、その工夫として独学で学習することが効果的である。

学習方法と今後

日商簿記1級の資格は、古くからある資格であり社会の中でも認知度の高い資格となっている。この状況は、今後も続く見込みであり、資格の重要性は変わらないと考えられる。日商簿記1級の取得に向け、独学で学習することで学習費用を抑えられるが、不明点などが発生した場合に、その解決に労力を有するケースがある。そのような際、有効な手段としてあるのが、通信教育の活用である。独学での学習では、費用を抑えられる上、自宅にいながら好きな時間に学習できるという点が魅力となっている。通信教育では、独学に比べた場合には費用発生があるが、自宅で好きな時間に学習できる利点はある。最近では、インターネットを活用した業者が増えており、今後もこれらの拡大が見込まれる。

税理士などへの登竜門

電卓を触る人

日商簿記1級は2級や3球と異なり相対評価により合格を定めています。そのため合格率の割合が常に一定になるように配点を試験終了後に調整しています。これが難易度を高める要因にもなっています。勉強時間は500時間程度必要で基礎をしっかり固めておく必要があります。

Read More...

人気の試験だが難しい

ステーショナリー

日商簿記1級は後で配点を決める相対評価で、ただ問題の7割を取れれば合格と言う訳ではありません。そのため点数もですが「上位1割に入る」ことを意識すべきでしょう。また会計のグローバル化に伴い難化傾向にあるので、さらに難しい試験になっていくかもしれません。

Read More...

簿記のメリット

電卓を持つ人

簿記資格を取得していると、就職や転職に有利に働きます。ぜひ、簿記資格の取得を目指してください。2級であれば独学で学習することが可能です。日商簿記1級を目指す場合には、予備校を活用することで、効率のよい学習を実現できます。

Read More...